元T・トバゴ代表DFが37歳で交通事故死。プレミアリーグで200試合以上出場

2018年05月16日(Wed)18時07分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ジェイロイド・サムエル
アストン・ビラなどでプレーしたジェイロイド・サムエル【写真:Getty Images】

 プレミアリーグのアストン・ビラやボルトンでプレーした元トリニダード・トバゴ代表DFのジェイロイド・サムエル氏が交通事故のため現地時間15日に死去した。37歳だった。

 英国チェシャー州警察は、15日朝に同州内で起きた事故について発表を行っている。サムエル氏の運転していたレンジローバーと54歳男性の運転していたバンが衝突し、サムエル氏は現場で死亡が確認されたとのことだ。相手男性は重傷を負い病院に搬送されたと発表されている。

 トリニダード・トバゴサッカー協会やアストン・ビラ、ボルトンなどもそれぞれ公式SNSでサムエル氏死去へのショックを表し、追悼の意を表明している。15日にプレミアリーグ昇格プレーオフ準決勝の試合を戦ったアストン・ビラの選手たちは喪章を巻いてプレーした。

 トリニダード・トバゴ出身のサムエル氏は1999年にアストン・ビラでプロデビューし、トップチームで8シーズンプレー。その後移籍したボルトンでも4シーズンを過ごした。プレミアリーグでは通算229試合に出場している。

 2011年にはイングランドを離れ、現役最後の数年間をイランのクラブで過ごした。イングランドの年代別代表でもプレーを経験していたが、A代表はトリニダード・トバゴを選択し、2009年にワールドカップ予選2試合に出場した。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top