バルサを招待するために支払った金額は? 南アフリカ1部の強豪クラブと親善試合

2018年05月18日(Fri)7時20分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

バルセロナ
バルセロナ【写真:Getty Images】

 現地時間16日にバルセロナは南アフリカ1部のマメロディ・サンダウンズと親善試合を行い3-1の勝利をおさめた。マメロディ側がバルセロナを招待するのに支払った金額について、16日に英メディア『サッカー・ラドゥマ』が報じている。

 マメロディは国内タイトルを数多く獲得しているだけでなく、CAFチャンピオンズリーグで優勝したこともある南アフリカ有数の強豪クラブだ。同クラブは、南アフリカの大富豪であるパトリス・モツェペ氏がオーナーを務めている。

 故ネルソン・マンデラ大統領の生誕百周年を記念して行われたマンデラ・センテナリー・カップに、今回バルセロナが招待されることになった。試合会場は南アフリカ・ワールドカップ決勝戦の舞台にもなったFNBスタジアム。バルセロナとマメロディの親善試合には約87000人の観衆が集まった。

 同メディアによると、マメロディ側がバルセロナを招待するのに300万ユーロ(約4億円)を支払ったとのこと。現役時代にバルセロナでプレーしたことがあるジョゼ・エジミウソン氏の力を借りることで対戦が実現したという。

 試合はウスマン・デンベレとルイス・スアレス、アンドレ・ゴメスの得点により3-1でバルセロナが勝利をおさめた。バルセロナ所属のリオネル・メッシは、試合開始して74分にイニゴ・ルイス・デ・ガラレタとの交代で途中出場を果たしている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top