アーセナル、PK戦の末チェルシー下す。AT弾で同点に追いつき執念の勝利

2018年08月02日(Thu)6時18分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20180802_arsenal_getty
アーセナル対チェルシー【写真:Getty Images】

【アーセナル 1-1(PK6-5) チェルシー インターナショナルチャンピオンズカップ】

 現地時間1日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップの試合で、アーセナルとチェルシーが対戦した。

 試合は開始直後に動きを見せる。5分にチェルシーが右CKからリュディガーがヘディングシュートを決め先制する。

 さらに14分にはPKのチャンスを得るもモラタの蹴ったボールはアーセナルGKチェフに止められ追加点とはならず。その後もチェルシーが前線からのハイプレスでアーセナル陣内でボールを奪うも決定力に欠け2点目を奪えず折り返す。

 後半に入ると両チームとも選手を大きく入れ替えテスト色が強くなる。そんななかでアーセナルがチェルシーゴールを脅かすも途中出場のラカゼットのシュートは枠を捉えることが出来ない。84分にはエジルを起点に最後はイウォビがシュートを打つもGKの好セーブに阻まれ同点ゴールを挙げられず。

 このまま試合は終了かと思われた93分、エジルが再び起点となりネルソンが折り返したボールをファーサイドでフリーのラカゼットが押し込み土壇場で同点に追いつきPK戦へ。

 両チームとも5人目まで全員成功し迎えた6人目、先行のチェルシーロフタス=チーフがGKに止められる。一方のイウォビは落ち着いて決めアーセナルが勝利を収めた。

【得点者】
5分 0-1 リュディガー(チェルシー)
90分+3分 1-1 ラカゼット(アーセナル)

【了】

日本代表ロシアW杯ベスト16 メモリアル
『日本代表ロシアW杯ベスト16 メモリアル』緊急刊行!
ロシアでの「激闘を追体験」をコンセプトに日本代表の試合と選手を美麗な写真約250点を使って振り返る永久保存版のメモリアルな一冊。

新着記事

FChan TV

↑top