アーセナル、“左SB不在”で開幕の危機。コラシナツ離脱に加えモンレアルも不安

2018年08月05日(日)20時06分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , ,

ウナイ・エメリ
アーセナルのウナイ・エメリ監督【写真:Getty Images】

 アーセナルは、本職の「左サイドバック不在」でプレミアリーグ開幕を迎える危機に立たされている。英紙『デイリー・メール』が4日付で伝えた。

 現地時間3日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップの試合でチェルシーと対戦したアーセナルだが、この試合でボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツが負傷。左膝を痛め、8週間から10週間の離脱を強いられるという見通しが発表された。

 さらに、同じく左サイドバックの候補となるスペイン代表DFナチョ・モンレアルも負傷を抱えている。重い怪我ではないようだが、来週末のプレミアリーグ開幕に間に合うかどうかは定かではない。

 4日に行われたラツィオとの親善試合では、20歳の若手エインシュリー・メイトランド=ニールズが4バックの左サイドに起用されていた。昨季も左ウイングバックで何度かプレーしていたが、本来のポジションではない。

「ナチョは負傷を抱えて戻ってきた。大きなものではないが、膝にちょっとした問題がある」とウナイ・エメリ監督はモンレアルの状態についてコメントしている。「ナチョがプレーできれば完璧だが、そうでなければエインシュリーにもチャンスがある」と見通しを述べた。

 12日に行われるプレミアリーグ開幕戦でアーセナルが対戦する相手は王者マンチェスター・シティ。ラヒーム・スターリングや新加入のリヤド・マフレズなどを相手に、左サイドで厳しい戦いを強いられることになるかもしれない。

【了】

日本代表ロシアW杯ベスト16 メモリアル
『日本代表ロシアW杯ベスト16 メモリアル』緊急刊行!
ロシアでの「激闘を追体験」をコンセプトに日本代表の試合と選手を美麗な写真約250点を使って振り返る永久保存版のメモリアルな一冊。

新着記事

↑top