ミランからセビージャ移籍のFW、リーガデビュー戦でハット。25年ぶりの快挙

2018年08月20日(Mon)12時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

アンドレ・シウバ
ポルトガル代表のアンドレ・シウバ【写真:Getty Images】

 リーガエスパニョーラ第1節の試合が現地時間19日に行われ、ラージョ・バジェカーノとセビージャが対戦。FWアンドレ・シウバのハットトリックなどでセビージャが4-1の勝利を収めた。

 22歳のポルトガル代表であるアンドレ・シウバはポルトで頭角を表したあと、昨年夏にミランへ移籍。だがヨーロッパリーグで8ゴールを挙げる一方でセリエAではわずか2得点にとどまり、十分に本領を発揮することができずにいた。

 しかし、買い取りオプション付きレンタルで加入したセビージャでは最高のスタートを切ることに成功した。昇格組ラージョから一人で3点を奪い、この時点ですでに昨季のリーグ戦での得点数を上回ったことになった。

 スペイン紙『マルカ』などが伝えたところによれば、リーガ1部のデビュー戦でハットトリックを達成した選手は実に25年ぶり。1993年にオランダのPSVからバルセロナに加入した元ブラジル代表FWのロマーリオ氏がレアル・ソシエダから3ゴールを奪って以来のことだ。ロマーリオ氏は最終的に1993/94シーズンのリーガ得点王に輝いている。

【了】

新着記事

↑top