日本行きの噂もあったレジェンド・トッティ、現役引退を「最も後押ししたのはスパレッティ」

2018年09月21日(Fri)20時04分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

フランチェスコ・トッティ
フランチェスコ・トッティ【写真:Getty Images】

 2017年に現役を引退して現在はローマのディレクターを務める元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏が、改めて現役引退を振り返った。イタリア紙『レプッブリカ』で語っている。

 ローマ一筋のキャリアを送ったトッティ氏は、現役引退前に日本やアメリカでプレーする可能性が話題になった。なぜアジアやアメリカへ行かなかったのかと問われた同氏は、「25年間のキャリアが台無しになるかもしれなかったからだ」とコメント。「私はいつでも、一つのユニフォームを着ると言い続けた。その言葉どおりだよ」と語っている。

 トッティ氏は現役時代の終盤、現在インテルを率いるルチアーノ・スパレッティ監督との確執がたびたび報じられた。これについてレジェンドは、「彼が誰よりも私の引退を後押ししたね」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top