オーバメヤン、父の代表監督就任で連盟に怒り「なぜ問題があるか分かるか?」

2018年09月23日(Sun)8時58分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ピエール=エメリク・オーバメヤン
ピエール=エメリク・オーバメヤン【写真:Getty Images】

 アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは、父の代表監督就任に思うところがあるようだ。自身のインスタグラムでガボンサッカー連盟(FEGAFOOT)の決定を批判した。

 FEGAFOOTは20日、オーバメヤンの父で元同国代表選手だったピエール=フランソワ・オーバメヤンとダニエル・クザンを監督に迎えることを発表した。

 だが、息子によると、父はこの仕事を望んでいないという。

 オーバメヤンはFEGAFOOTに向けて、「なぜ僕が君たちとの間に問題があるか理解できる? なぜ代表に行きたくないか分かるか? これはその証明だ」と、SNSに書き始めると、「世界に向けて僕の父が代表監督だと発表した。父の同意もなくだ」と告白している。

 オーバメヤンによると、同選手の父は現在、病気を患っているがFEGAFOOTは健康状態を気にすることをしなかった。FEGAFOOT会長から打診があった際、後日返答するとしていたそうだ。

 FEGAFOOTのこういった「アマチュアリズム」が気に入らないというオーバメヤン。父親の監督就任は、エースをさらに代表から遠ざける結果になるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top