J・アルバ、またもスペイン代表選外に。L・エンリケ監督は無視、不仲は深刻か

2018年10月04日(Thu)22時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ジョルディ・アルバ
ジョルディ・アルバはまたもスペイン代表選外に【写真:Getty Images】

 ロシアワールドカップまでは約7年間スペイン代表で不動のレギュラー、所属するバルセロナでも高いパフォーマンスを維持。ジョルディ・アルバは世界最高峰のサイドバックという評価を確たるものにしている。

 しかし、ワールドカップ後からスペイン代表を率いるルイス・エンリケ監督からは“無視”され続けている。9月に続き、10月の招集メンバーリストにもJ・アルバの名前はなかった。

 7年もの長きにわたってレギュラーであり続け、ジェラール・ピケのように代表引退を表明しているわけでもないトップクラスのサイドバックがなぜ招集外なのか。9月にスペイン代表から外れた際には、L・エンリケ監督との不仲説もささやかれた。

 J・アルバはL・エンリケがバルセロナを率いていた際、一時的にレギュラーを外されたことがあった。現地『マルカ』など複数のメディアに対し「バルベルデとだったらもっとうまくいく」など、暗にL・エンリケを批判するようなコメントを複数回にわたって残していたこともあった。

 そうした過去を、現代表指揮官は根に持っているのだろうか。L・エンリケ監督は現地時間3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ対トッテナムを視察していた。

 バルセロナは攻撃陣が躍動し、4-2でトッテナムに勝利。J・アルバも溌剌とした動きで攻守にハイパフォーマンスを披露していたにもかかわらず、スタンドからそのプレーを生で観ていた代表監督が招集を見送ったことも注目されている。

 スペイン代表は11日にウェールズ代表との国際親善試合が予定され、15日にはUEFAネーションズリーグのイングランド代表戦も控えている。L・エンリケ監督はこの2試合でJ・アルバの必要性に気づくことになるか、あるいは来月も招集外が続くのか。今後の動向からも目が離せない。

【了】

新着記事

↑top