メッシでもお断り!? サッカー界復帰のミラン元会長、「紳士」のクラブを目指す

2018年10月06日(土)9時01分配信

photo Getty Images
タグ: , ,

シルビオ・ベルルスコーニ
シルビオ・ベルルスコーニ氏【写真:Getty Images】

 イタリア3部のモンツァを買収したミラン元会長のシルビオ・ベルルスコーニ氏が、自身の新たなクラブに求める選手像を明らかにした。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 イタリア元首相は、「若いイタリア人で構成されるチーム」をつくろうとしている。ただ、若いイタリア人であれば誰でも歓迎というわけではない。

 ベルルスコーニ氏は、「髪型はきちんとしなければいけない」と話すと、「ヒゲもタトゥーもなし。誇らしげにピアスをつけるのもダメだ。ファウルをしたら相手に謝り、審判には紳士として接すること。サインを求められたら適当に書かず、しっかりと苗字と名前を書く。出歩くときは節度のある格好で…」と続け、「私は今のサッカー界とは違うものを求めている」と語った。

 タトゥーが禁止となると、バルセロナのFWリオネル・メッシでも加入することはできないことになる。それ以外のルールも「いまどき」の選手にとっては厳しいものが多いが、ベルルスコーニ氏は再び成功を収めるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top