2戦連続先発の武藤嘉紀に地元メディア低評価「好機逃した」。ニューカッスル最下位転落

2018年10月21日(Sun)7時23分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

武藤嘉紀
武藤嘉紀【写真:Getty Images】

 ニューカッスルのFW武藤嘉紀は現地時間20日、プレミアリーグ第9節のブライトン戦に先発出場した。現地メディアでは、武藤に対して厳しい評価もついている。

 前節マンチェスター・ユナイテッド戦でプレミアリーグ初先発を飾った武藤は、起用に応えて初ゴールを記録。2試合連続で先発の座をつかんだ。

 しかし、ここまで未勝利のチームは中位のブライトンに苦戦。29分に先制を許すと、その後も攻撃陣が結果を残すことはできず、武藤は74分に交代となっている。

 『スカイ・スポーツ』のニューカッスルの選手の採点は、「5」か「6」の2通り。武藤は「5」の方に入った。『デイリー・メール』はチーム内で3位タイとなる「6」がつき、それほど悪い印象ではなかった様子だ。

 ただ、地元メディア『クロニクル・ライブ』では「4」の低評価。これは先発メンバーで下から2番目で、「ゴール前で大きな好機を逃した。そのあとはインパクト残せず」と記されている。

 同日の試合では、ここまで未勝利を続けていたクラブの一つであるカーディフがフラムを下して初白星を手にした。これにより、ニューカッスルはリーグ最下位に転落している。

【了】

新着記事

↑top