バルサに敗れたインテルも問題なし…? トッテナム挽回の可能性は約1割

2018年10月25日(Thu)21時37分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ハリー・ケイン
ハリー・ケイン【写真:Getty Images】

 現地時間24日に行われたチャンピオンズリーグ・グループB第3節でインテルはバルセロナに敗れたが、ベスト16進出には問題がないかもしれない。英紙『デイリー・メール』は、トッテナムにとって厳しいデータを伝えている。

 トッテナムは24日、PSVと対戦した。インテルとバルセロナに連敗していたトッテナムにとって、PSVとの2連戦で勝ち点を稼がなければいけない状況だったが、GKウーゴ・ロリスの退場もあって2-2と引き分けてしまった。

 勝ち点10がグループステージ突破の一つの目安とされている中、トッテナムは3試合を終えて勝ち点1。まだ決勝トーナメント行きの可能性は消えていないが、かなり厳しい状況だ。

 これまでの同大会でこの状況になったのは67チームがあるが、ここからベスト16に進んだのはわずか7チームのみ。非常に困難な立場である。

 それでも2007/08シーズンにはリバプールがこの状況からグループを突破し、準決勝まで進んだ。ノースロンドンのライバルであるアーセナルも2003/04シーズンに同じ状況から巻き返して準々決勝まで進んでいる。トッテナムはここから巻き返せるだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top