40歳ドログバ、最後のタイトル獲得はならず。現役ラストマッチを敗戦で終える

2018年11月09日(Fri)20時29分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ディディエ・ドログバ
ディディエ・ドログバ【写真:Getty Images】

 チェルシーなどで活躍した元コートジボワール代表のFWディディエ・ドログバは、現役最後となる試合を終えた。ラストマッチでのタイトル獲得は逃すことになった。

 ドログバはアメリカの2部リーグにあたるUSLプロフェッショナルリーグのフェニックス・ライジングFCに所属。“オーナー兼選手”として活躍していたが、40歳の誕生日を迎えた今年3月に、今季が現役最後のシーズンになると宣言していた。

 フェニックス・ライジングFCはUSL西地区のレギュラーシーズンを3位で終えてプレーオフに進出。優勝チームを決めるUSLチャンピオンシップまで勝ち進み、現地時間8日に行われた試合でルイビル・シティFCと対戦したが、0-1の敗戦で準優勝に終わった。

 ドログバは1998年にフランスのルマンでプレデビューし、ギャンガン、マルセイユ、チェルシー、上海申花、ガラタサライ、モントリオール・インパクトでプレー。特にチェルシーでは4回のプレミアリーグ優勝や、クラブ初となる2012年のチャンピオンズリーグ優勝などに大きく貢献した。

 コートジボワール代表としては104試合に出場し、同国歴代最多の65ゴールを記録。同国を初のワールドカップ出場にも導き、2014年大会では日本代表とも対戦した。

【了】

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top