コートジボワール代表DF、嘘ついて警告なし。レフリーに「脱いでない」と言った

2018年11月11日(Sun)19時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

スレイマン・バンバ
スレイマン・バンバ【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのカーディフに所属するコートジボワール代表DFスレイマン・バンバが得点の直後にユニフォームを脱いだが、イエローカードなしの判定に「(主審に)脱いでいない」と言ったと英メディア『デイリー・メール』などが報じている。

 バンバは現地時間の10日に行われたプレミアリーグ第12節ブライトン戦で後半ATに劇的逆転弾を叩こみ、チームを勝利に導いた。得点の直後に、ユニフォームを脱いで上半身裸になったが、主審はイエローカードを提示しなかった。この時、主審はバンバに「ユニフォームを脱いだか?」と聞いたという。だが、バンバ本人は「No(脱いでいない」)と答え、嘘をついた。

 試合中にユニフォームを脱ぐと、反スポーツ的行為とみなされ、警告が出されるが今回のバンバにはなかった。主審を含めピッチには4人の審判がいたはずだが、誰も気づかなかったのだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top