元英代表J・コール、現役生活20年に終止符。「次の20年は現役生活と同じくらい特別なものにしたい」

2018年11月13日(Tue)20時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

J・コール
ジョー・コール【写真:Getty Images】

 アメリカ2部のタンパベイ・ローディーズに所属する元英代表FWジョー・コールが現役引退を表明したと英メディア『BBC』などが報じた。17歳から続く現役生活に終止符を打った。

 20年の現役生活を終えることになるコールは「サッカー選手としての夢は叶えた。次の20年は20年間の現役生活と同じくらい特別なものにしたい」と語った。また、コールは「チェルシーで優勝トロフィーを掲げた時は特別だった」と語っている。

 ウェストハムの下部組織出身のコールは同チームで1998年にデビューすると、2003年からチェルシーに移籍。チェルシーで公式戦280試合に出場し、40ゴール42アシストを記録。代表キャップは2001年から2010年で56試合、10ゴールを記録している。ワールドカップには2002年、2006年、2010年の3大会に出場している。

【了】

新着記事

↑top