南米頂上決戦、レアル本拠地ベルナベウで開催へ。選手バス襲撃で異例の事態に

2018年11月30日(Fri)7時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ベルナベウ
レアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウ【写真:Getty Images】

 アルゼンチンのリーベル・プレートとボカ・ジュニオルスが対戦するコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグの試合は、12月9日にマドリードのサンティアゴ・ベルナベウで開催される見通しとなった。スペイン紙『マルカ』などが伝えている。

 激しいライバル関係にあるアルゼンチンの2大クラブが史上初めて南米王者を懸けて決勝で激突し、歴史的なカードとして大きな注目を集めていた今回の試合。今月11日にボカのホームで行われた1stレグは2-2のドローに終わった。

 リーベルのホームでの2ndレグは24日に開催が予定されていたが、リーベルサポーターの過激グループがボカのチームバスを襲撃するという異常事態のため翌日に延期。ボカの選手に負傷者が出たことなどから翌日にも試合は開催されず、再延期となった。

 延期された試合はアルゼンチン国外で開催される可能性もあると報じられていた。カタールのドーハやパラグアイなどでの開催も候補に挙がっていたが、レアル・マドリーの本拠地であるベルナベウで12月9日に開催されることが濃厚になったという。

 国際サッカー連盟(FIFA)や南米サッカー連盟(CONMEBOL)、マドリーなどはすでにベルナベウでの開催に合意しているとのこと。マドリーはその週末にはアウェイでリーグ戦を戦うためベルナベウは空いている。CONMEBOLから近日中に正式発表が行われるとみられている。

【了】

新着記事

↑top