“世界最高の左SB”と呼ばれた38歳、英2部の加入決定! 5年ぶりにランパードと再会

2019年01月22日(Tue)11時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

アシュリー・コール
アシュリー・コール【写真:Getty Images】

 イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)のダービー・カウンティが21日、38歳の元イングランド代表DFアシュリー・コールを獲得したと発表した。契約期間は今季終了までとなっている。

 アーセナル下部組織出身のA・コールは、クリスタル・パレスへの期限付き移籍を経て2006年8月にチェルシーへ移籍。通算で3度のプレミアリーグ優勝、7度のFAカップ優勝を経験し、チェルシー時代にはチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグを制覇するなど、“世界最高の左サイドバック”として名を馳せた。その後、ローマへの移籍を経て、2016年1月にLAギャラクシーへ加入。2年間過ごしたが、今季限りでチームを去っていた。

 ダービーを率いるのはフランク・ランパード監督。A・コールとランパード監督の両者は2006年から2014年までチェルシーで共にプレーしていた。また、イングランド代表でも苦楽を共にしている。その両者が、5年の歳月を経て再会することになった。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top