バルサ第2GKが6週間の離脱。国王杯準決勝クラシコは欠場が濃厚

2019年02月02日(Sat)20時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ヤスパー・シレッセン
ヤスパー・シレッセン【写真:Getty Images】

 リーガ・エスパニョーラのバルセロナに所属するオランダ代表GKヤスパー・シレッセンがふくらはぎの肉離れで約6週間離脱すると英メディア『デイリー・ミラー』などが現地時間の2日に報じた。

 バルセロナの正守護神はドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンで、リーグ戦にはここまで全試合に出場。UEFAチャンピオンズリーグでは5試合に出場している。一方、シレッセンはリーグ戦での出場はないものの、コパ・デル・レイ(国王杯)では今季全ての試合に出場している。

 指揮官エルネスト・バルベルデがカップ戦要員のGKとして起用している。だが、シレッセンが6週間の離脱となると、今月7日と27日の準決勝レアル・マドリー戦に間に合わない。

 BチームからGKを昇格させるだろうが、しばらくはテア・シュテーゲンへの負担が重くなるだろう。

【了】

新着記事

↑top