冨安健洋と鎌田大地がフル出場。シント=トロイデンの連勝は3で止まる

2019年02月17日(Sun)6時05分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

鎌田大地
鎌田大地【写真:Getty Images】

【ズルテ・ワレヘム 1-1 シント=トロイデン ベルギー1部第26節】

 現地時間16日に行われたベルギー1部リーグ第26節でシント=トロイデンはズルテ・ワレヘムと対戦し、敵地で1-1と引き分けた。日本人選手では冨安健洋と鎌田大地がフル出場。木下康介と関根貴大はベンチ入りしたが出番はなかった。

 リーグ戦3連勝で5位に位置するシント=トロイデンは、12位に低迷するズルテ・ワレヘムから勝ち点3を得たいところ。しかし、前半からチャンスをいかせずスコアは動かない。

 すると75分にホームチームが先制する。右サイドからのクロスにファーサイドのピータースが豪快なダイレクトボレーで合わせてゴール。均衡を破る。

 それでもシント=トロイデンは82分、ポル・ガルシアのスルーパスに抜け出したボーリがGKをかわして流し込み、1-1とした。

 シント=トロイデンは連勝が3で止まったものの、今節の5位はキープしている。

【得点者】
75分 1-0 ピータース(ズルテ・ワレヘム)
82分 1-1 ボーリ(シント=トロイデン)

【了】

新着記事

↑top