1位は驚愕の“2兆5400億円”…サッカー界一番の金持ちオーナーとは?

2019年02月17日(Sun)20時31分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ディートリヒ・マテシッツ
ディートリヒ・マテシッツ氏【写真:Getty Images】

 英紙『ミラー』は世界のサッカークラブを保有するオーナーたちの資産ランキングを作成し、16日付で公開した。レッドブル社創業者のディートリヒ・マテシッツ氏が世界のクラブオーナーの中で最大の富豪だという。

 レッドブル社はMLS(メジャーリーグサッカー)のレッドブル・ニューヨークおよび南野拓実が所属するオーストリアのレッドブル・ザルツブルクのオーナー。マテシッツ氏の総資産は178億ポンド(約2兆5400億円)だとされている。

 2位はマンチェスター・シティーのオーナーであるUAE王族のシェイク・マンスール氏。MLSのニューヨーク・シティ、オーストラリアのメルボルン・シティ、スペインのジローナも傘下に収め、横浜F・マリノスの株式も保有するシティ・フットボール・グループの代表である同氏の資産は170億ポンド(約2兆4200億円)と見積もられている。

 3位には104億ポンド(約1兆4800億円)でユベントスのオーナーであるアニェッリ一家が続く。4位はMLSのロサンゼルス・ギャラクシーなどのオーナーである米国のフィリップ・アンシューツ氏、5位はチェルシーのオーナーであるロシアのロマン・アブラモビッチ氏。

 6位にはアーセナルのスタン・クロンケ氏、7位にはパリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ氏、8位にはフラムのシャヒド・ハーン氏、9位にはインテルの張康陽氏、10位にはトッテナムのジョー・ルイス氏がランクイン。トップ10のうち半分の5人がプレミアリーグクラブのオーナーで占められている。

【了】

新着記事

↑top