S・ラモス、欧州の“退場王”に…リーグ戦通算20回は5大リーグ新記録

2019年02月18日(Mon)13時42分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

セルヒオ・ラモス
ジローナ戦で退場となったセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】

 リーガエスパニョーラ第24節の試合が現地時間17日に行われ、レアル・マドリーがホームでジローナに1-2の敗戦を喫した。マドリーのDFセルヒオ・ラモスは試合終盤に退場処分を受けている。

 前半25分にMFカゼミーロのゴールで先制したマドリーだが、後半に2点を奪われての逆転負け。65分にハンドでPKを与えて1枚目のイエローカードを受けていたS・ラモスは、終了間際にも相手選手の顔面付近に足を振り上げたオーバーヘッドキックが危険なプレーとみなされ、2枚目のイエローで退場となった。

 スペイン紙『アス』などによれば、S・ラモスの退場はキャリア通算25回目であり、リーグ戦に限れば20回目。すでにスペインの最多退場記録は保持していたが、今回の退場により欧州5大リーグでも歴代最多のレッドカードを受けた選手となった。

 過去にはフランスのボルドーやニースなどでDFとしてプレーしたシリル・ロール氏がS・ラモスと並ぶ19回の退場処分を受けていた。S・ラモスは今回の退場によりスペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの5ヶ国のトップリーグでは退場回数が歴代単独最多となった。

 セリエAではユベントスなどでプレーしたパオロ・モンテーロ氏の退場16回が最多。プレミアリーグとブンデスリーガでは他の3ヶ国ほどレッドカードを受けた選手はおらず、最も多い選手でも8回となっている。イングランドではパトリック・ヴィエラ氏など3人、ドイツではイェンス・ノヴォトニー氏が最多のレッドカード数を記録している。

【了】

新着記事

↑top