十字靭帯断裂のリバプールMF、11ヶ月ぶりに復帰へ! まずはU-23の試合で

2019年03月05日(Tue)12時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

アレックス・オックスレイド=チェンバレン
アレックス・オックスレイド=チェンバレン【写真:Getty Images】

 リバプールに所属する25歳のイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、現地時間8日に行われるダービー・カウンティU-23戦で復帰する見通しとなった。4日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

 チェンバレンは昨年4月、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝のローマ戦で負傷。膝の十字靭帯を断裂して手術を受けた。2018年のロシアワールドカップには参加できず、今季中の復帰も絶望視されていた。しかし、予想以上に回復が順調で、2月からはトレーニング復帰を果たしている。

 同紙によると、約11ヶ月のブランクがあるため、まずはU-23の選手として試合に出るという。現地時間3日に行われたエバートン戦に出場する可能性もあったが、負傷後ということもあり、激しいタックルを避けるために招集を見送ったとされる。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top