リバプール、蘭代表CBに“クラブ最高年俸”提示か。バルサ&レアル移籍阻止へ

2019年03月10日(Sun)21時29分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

フィルジル・ファン・ダイク
リバプールのフィルジル・ファン・ダイク【写真:Getty Images】

 リバプールは、同クラブに所属するオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクに対し、エースFWモハメド・サラーと並んでチーム最高額となる報酬での新契約を提示するとみられている。英紙『ミラー』が9日付で伝えた。

 ファン・ダイクは2018年1月に、DFの選手としてはサッカー界史上最高額である移籍金7500万ポンド(約109億円)でサウサンプトンから加入。その期待に違わぬ活躍をみせており、リバプールのプレミアリーグ首位争いをけん引する今季はリーグ年間最優秀選手に推す声も強い。

 そのファン・ダイクには、スペインの2大クラブであるレアル・マドリーとバルセロナも関心を示しているとみられる。マドリーは会長との関係悪化が噂されるセルヒオ・ラモスの後継者としてファン・ダイクに目をつけており、バルサも新たなCBを探しているという。

 引き抜きを阻止するため、リバプールはファン・ダイクに新たな契約を提示する考えだと英紙は伝えた。その報酬額は週給20万ポンド(約2890万円)、年俸に換算して約15億円となることが想定されている。

 現在の契約ではファン・ダイクの報酬は週給約12万5000ポンド(約1800万円)。これでもすでにサラーに次ぐチーム内2位の高給取りだが、新たな契約を交わしたとすればサラーと同額となる見通しだ。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top