マンUの元指揮官&蘭代表をW杯3位に導いた“名将”、サッカー界からの引退を発表

2019年03月12日(Tue)8時04分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ルイス・ファン・ハール
ルイス・ファン・ハール氏【写真:Getty Images】

 67歳のルイス・ファン・ハール氏が、サッカー界からの引退を発表した。11日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 ファン・ハール氏は、これまでバルセロナやアヤックス、バイエルン・ミュンヘンやマンチェスター・ユナイテッド、オランダ代表などで指揮官を務めてきた。2014年Wワールドカップではオランダ代表を3位に導き「オランダ至上最高の監督」とも呼ばれている。

 2014年から2016年まで率いたユナイテッドでは、2015/16シーズンのFAカップ制覇だけにとどまり、その2日後の2016年5月23日に解任が発表された。当時ユナイテッドに所属していたビクトル・バルデス氏がU-21でのプレーを拒否したことを理由に戦力外通告。トップチームのロッカーを撤去した上、U-21のチームに移動させるなど、選手に対する冷遇処置が話題に。ユナイテッド退任後は監督業から離れ、今日までフリーの状態が続いていた。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top