チェルシーに続きマンCも補強禁止処分か。未成年者獲得ルールに違反の可能性

2019年03月15日(Fri)11時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

マンチェスター・シティ
マンチェスター・シティ【写真:Getty Images】

 未成年者獲得のルールに違反したとして、チェルシーに続きマンチェスター・シティも補強禁止処分を受けることになりそうだ。14日に英紙『サン』が報じている。

 チェルシーは今年2月、国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会から今後2回の移籍市場における補強を禁止する処分を受けた。29人の選手の獲得に関してFIFA規約第19条に違反したことが理由で、現在リヨンに所属するブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレを2013年に獲得した際の契約もその一つとなっている。処分によって、2019年夏と2020年1月の移籍市場において新たな選手を獲得することが禁じられた。

 同紙によると、今回のシティの件に関しても同じケースで、数日以内に発表があると予想している。処分を受けることになれば、チェルシーと同じく2019年夏と2020年1月の2回にわたって移籍市場で選手補強が出来なくなるが、果たして…。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top