世界中で愛されるリバプール、超有名人のファン5人。名優から“スパイ”、世界一のバンドも 【編集部フォーカス】

2019年03月29日(Fri)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター

190329_5_getty
左からポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ジョン・レノン【写真:Getty Images】

ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター(イングランド出身/バンド「ザ・ビートルズ」のメンバー)

 リバプールやマージーサイドの名称は、サッカーファンであればクラブやダービーマッチを思い浮かべるだろう。しかし、音楽ファンにはサッカーではなく真っ先にビートルズを思い浮かべる人も多いはず。

 1960年代に全世界で熱狂的に愛されたバンド「ザ・ビートルズ」のメンバーは全員がマージーサイド州リバプールの出身。同時期に数多く活躍したリバプール近郊出身のバンドは「マージービート」と称された。

 リバプールのホームスタジアム、アンフィールドを筆頭に日本ではFC東京など世界中の様々なスタジアムでファンが唄う「ユール・ネバー・ウォーク・アローン」は、ジェリー&ザ・ペースメイカーズというマージービートのバンドが発表したシングルが由来となっている。

 そんなビートルズのメンバーの中では、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの3人がリバプールのファンだった。そして、ポール・マッカートニーはただ1人エバートンのファンである。

 1973年に発表したベスト盤のレコード、赤盤と青盤はリバプールとエバートンのチームカラーをモデルにしたという。

 のちに解散につながるメンバー間の確執の1つの原因に愛するクラブの違いがあったという噂も出たが、真実か否かは定かではない。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

FChan TV

↑top