マンU、2人の若手FWが今季プレミア二桁得点。4選手が二桁は23年ぶり

2019年03月31日(Sun)19時16分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

マンチェスター・ユナイテッド
マーカス・ラッシュフォードとアントニー・マルシアル【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグ第32節の試合が現地時間30日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドがワトフォードに2-1の勝利を収めた。ゴールを挙げたFWマーカス・ラッシュフォードとFWアントニー・マルシアルは、ともに今季二桁得点を達成している。

 前半28分には裏へ抜け出したラッシュフォードがGKとの1対1を制して先制点。72分にはマルシアルが追加点を奪った。終了間際には1点を返されたが、ユナイテッドは2-1で逃げ切ることに成功している。

 21歳のラッシュフォードは自身初のリーグ戦二桁ゴールを達成。これまでは昨季の7得点が最多だったが、10番を背負う今季はキャリアハイを更新している。

 23歳のマルシアルもこの日のゴールが今季10点目となった。ユナイテッド加入1年目の2015/16シーズンに11ゴールを記録して以来3シーズンぶりのことだ。

 今季のユナイテッドでは他にFWロメル・ルカクが12ゴール、MFポール・ポグバが11ゴールを記録している。英『BBC』によれば、ユナイテッドの選手4人が二桁得点を達成したのは1995/96シーズンのエリック・カントナ(14点)、アンディ・コール(11点)、ライアン・ギグス(11点)、ポール・スコールズ(10点)以来23年ぶりのことだという。

【了】

新着記事

↑top