トッテナム、リバプール戦で正守護神がミスも新GK獲得はなし。MF2選手を獲得へ

2019年04月02日(Tue)22時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ユーゴ・ロリス
ウーゴ・ロリス【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのトッテナムは現地時間の先月31日に行われたプレミアリーグ第32節のリバプール戦で1-2で敗北した。決勝点に繋がるミスを犯した守護神のフランス代表GKウーゴ・ロリスは批判を浴びているが、同クラブは新GK獲得の意思はないようだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の1日に報じた。

 トッテナムはリバプール戦で1点リードされるも、70分にMFルーカス・モウラのゴールで同点に追いつく。だが、試合終了間際にロリスが致命的なミスを犯す。FWモハメド・サラーのヘディングをニアサイドでキャッチミス。そのボールがDFトビー・アルデルワイレルトに当たってオウンゴールとなった。

 この正守護神のミスに批判が集中。だが、同メディアによるとトッテナムには新GKとサインする意思はないようだ。トッテナム指揮官マウリシオ・ポチェティーノは、もしケニア代表MFヴィクター・ワニャマが移籍となれば、セントラルミッドフィルダーを2選手獲得したいと考えているようだ。

 ここ2回の移籍市場で補強なしのトッテナムはGKではなく、新たなMFを獲得しようとしている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top