イラクの18歳新星、マンUなどがオファーも欧州移籍拒否か。希望する移籍先は…

2019年04月12日(Fri)0時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

モハナド・アリ
イラク代表のモハナド・アリ【写真:Getty Images】

 イラクのアル・ショルタに所属する同国代表FWモハナド・アリに、欧州の複数のビッグクラブからのオファーが届いたが、本人は欧州への移籍を拒否しているという。イラクメディア『サッカー・イラク』が10日付で伝えた。

 モハナド・アリは今年1月に行われたAFCアジアカップ2019に、18歳ながらも背番号10を背負って出場。全4試合に出場し、グループステージで2ゴールを挙げるなどの活躍をみせた。

 1月末にはアル・ショルタが、ユベントスやガラタサライ、ベンフィカなどからのオファーを断ったと声明を出していた。同クラブのワハブ・アル・タイー副会長によるコメントとして今回伝えられるところによれば、それらのクラブに加えてマンチェスター・ユナイテッドもオファーを出していたようだ。

「ユベントス、ベンフィカ、ガラタサライなどと同じく、マンチェスター・ユナイテッドからもオファーがあった」と副会長はコメント。だが本人は「個人的理由や家族の理由」により欧州への移籍を拒否し、UAEのアル・アインへの移籍を希望しているという。「我々は彼が欧州に行くよう説得を試みている」と副会長は述べている。

【了】

新着記事

↑top