セビージャの18歳FWがリーガで“21世紀生まれ初得点”。5大リーグでは3人目

2019年04月26日(Fri)20時33分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

ブライアン・ヒル
ブライアン・ヒル【写真:Getty Images】

 リーガエスパニョーラ第34節、セビージャ対ラージョ・バジェカーノ戦が現地時間25日に行われ、ホームのセビージャが5-0で勝利を収めた。セビージャのFWブライアン・ヒルはこの試合で、リーガにおける“21世紀生まれ初ゴール”を達成している。

 ヒルはチームが4点をリードした75分から交代出場。86分に左からのクロスを右サイドのパブロ・サラビアが折り返すと、ゴールエリア手前で受けたヒルは巧みな切り返しでDFをかわして左足でチームの5点目となるゴールを蹴り込んだ。

 1月のアトレティコ・マドリー戦でトップチームデビューを飾ったヒルはこれまで7試合に交代出場しており、8試合目の出場で初ゴール。2001年2月11日生まれの18歳による得点は、リーガで初めて21世紀生まれの選手により記録された得点となった。

 欧州5大リーグで初めてゴールを決めた21世紀生まれの選手は、16歳だった2017年5月にジェノアで初得点を挙げたFWピエトロ・ペッレグリ。その後移籍したモナコでも昨年8月に初ゴールを挙げ、イタリアとフランスの2ヶ国で21世紀生まれ初ゴールを記録した選手となった。

 ヒルはペッレグリと、今年1月にモナコで初ゴールを決めたDFブノワ・バディアシルに続いて欧州5大リーグで3人目となる今世紀生まれの得点者。プレミアリーグやブンデスリーガではまだ2001年以降生まれの選手による得点はない。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top