冨安健洋、名門アンデルレヒトが関心も…STVVの高額移籍金要求がネックか

2019年04月27日(Sat)18時44分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

冨安健洋
シント=トロイデンの冨安健洋【写真:Getty Images】

 ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)に所属する日本代表DF冨安健洋に、同国の名門クラブであるアンデルレヒトが関心を示しているものの、高額な移籍金のため移籍が実現する見通しは薄いという。『フートバル・ベルギー』などが伝えている。

 STVVで不動のレギュラーとして活躍し、日本代表にも定着した20歳の冨安。今季のパフォーマンスで大きく評価を高め、欧州各国のクラブからの関心が盛んに噂されている。

 ベルギー最大の名門クラブであるアンデルレヒトも冨安に注目しているクラブのひとつだと伝えられている。MF森岡亮太も今季前半までプレー(1月からシャルルロワへレンタル)していたアンデルレヒトは、ベルギーで最多の優勝回数を誇る名門だが、今季は現時点でプレーオフ5位と振るわず。来季のタイトル奪回に向けた補強を画策しているようだ。

 だが現実的には、冨安はアンデルレヒトにとって「高すぎる」選択肢だという。STVVはすでに、1月にブレーメンから届いた600万ユーロ(約7億5000万円)のオファーを断ったとのこと。今季終了後には1000万ユーロ(約12億5000万円)のオファーが届くことを期待しているとみられている。

 アンデルレヒトは他に、リーガでのプレー経験もあるズルテ・ワレヘムのFWテオ・ボンゴンダなどにも関心を示しているが、同様に移籍金の高さがネックになるとの見方。「冨安やボンゴンダのような選手を引きつけるには、まず選手を売らなければならない」とベルギーメディアは伝えている。

【了】

新着記事

↑top