プレミア初! 大躍進の7位ウルブス、97%の賛成多数で…全席レールシートに変更

2019年05月15日(Wed)11時40分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

スタジアム全席がレールシートに【写真:ウルブス公式のスクリーンショット】
スタジアム全席がレールシートに【写真:ウルブス公式のスクリーンショット】

 ウルバーハンプトン・ワンダラーズ(愛称:ウルブス)が14日、プレミアリーグのクラブで初めて、スタジアム全席をレールシートに変更すると発表した。

 レールシートとは、開閉式となっている座席のことで、普段は安全柵に埋め込まれた形になっている。立ち見席として利用する場合は下さず、欧州サッカー連盟(UEFA)のように立ち見席が禁止されている場合は、座席を下すことで収容人数を確保することが出来る。飛び跳ねるファンが多いスタジアムでは、安全に配慮したスタンドとも言えるだろう。

 ブンデスリーガやスコティッシュ・プレミアシップでは、すでにいくつかのクラブがレールシートの導入を進めており、トッテナムの新スタジアムもそれに追従している。ただし、スタジアム全体をレールシートに変更するプレミアリーグのクラブはウルブスが初めてだ。シーズンチケット所有者にアンケート調査を行なったところ、97%がレールシート変更に賛成したという。今年の夏に工事を行い、2019/20シーズンから使用される見込み。

 ウルブスは“昇格組”のクラブながら、今季プレミアリーグで7位につけた。チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドなどの上位クラブに勝利し、大きな話題を呼んでいた。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top