セビージャ、23歳FWの買取OPを行使せず?出場機会を求めミラン退団を希望か

2019年05月23日(Thu)21時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

アンドレ・シウバ
アンドレ・シウバ【写真:Getty Images】

 イタリア・セリエAのミランからリーガ・エスパニョーラのセビージャに期限付き移籍しているポルトガル代表FWアンドレ・シウバがミラン退団を希望しているようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の23日に報じた。

 ポルトの下部組織出身のシウバは2017年にミランに完全移籍。5年契約を締結した。だが、公式戦40試合に出場し、10得点2アシストと期待通りの活躍とまではいかなかった。2018年8月に買取オプション付きの1年契約でセビージャに期限付き移籍した。

 今季40試合で11得点3アシストのシウバに対して、セビージャは買取オプションを行使しない意向であるという。そのため、来季はミランへレンタルバックとなるが、ミランでの未来は不透明。

 現在ミランでは、今季途中加入のポーランド代表FWクシシュトフ・ピオンテクが公式戦20試合で11得点とジェノア時代からの好調を維持。そのためシウバの代理人が別の移籍先を模索しているという。

 このままシウバはミランを退団することになるのだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top