ブラジルMF、澤穂希上回る新記録の女子W杯7回出場。41歳で最年長出場記録も

2019年06月10日(Mon)11時52分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

フォルミガ
ブラジル女子代表のフォルミガ【写真:Getty Images】

 FIFA女子ワールドカップ2019グループステージ第1節のブラジル対ジャマイカ戦が現地時間9日に行われ、ブラジルが3-0で勝利を収めた。ブラジルのMFフォルミガはこの試合に出場したことで、大会における2つの新記録を達成している。ブラジル『グローボエスポルチ』などが伝えた。

 前回の2015年大会ではフォルミガと日本の澤穂希氏の2人が、ワールドカップ6大会出場という新記録を樹立していた。男子のワールドカップではドイツのローター・マテウス氏やメキシコのラファエル・マルケス氏の5大会出場が最多であり、フォルミガと澤氏は男女を通して最多のワールドカップに出場した選手となっていた。

 澤氏は2015年末で現役を引退したが、フォルミガは今回もワールドカップメンバーにも名を連ね、初戦に先発フル出場。男女を通して7大会のワールドカップに出場した史上初の選手となった。

 1978年3月3日生まれのフォルミガは試合の時点で41歳98日。元アメリカ代表のクリスティ・ランポーン氏が前回大会決勝の日本戦に交代出場した際の40歳11日を上回り、女子ワールドカップの最年長出場記録も更新した。

 また、ジャマイカ戦では34歳25日のFWクリスチアーニがチームの全得点を叩き出すハットトリックを達成した。これも前回大会決勝の日本戦でアメリカのカーリー・ロイドが達成した32歳355日を上回り、女子ワールドカップにおける最年長ハットトリック記録となっている。

【了】

新着記事

↑top