チェルシー戦で頭部骨折引退の28歳、トッテナムのアカデミーコーチに就任

2019年07月09日(Tue)13時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ライアン・メイソン
チェルシー戦で頭蓋骨骨折のライアン・メイソン(右)【写真:Getty Images】

 トッテナムが8日、同クラブの下部組織(U-19)のアカデミーコーチに28歳のライアン・メイソン氏が就任すると発表した。

 2017年8月、当時ハル・シティに所属していたメイソン氏は、同月1日に行われたチェルシー戦で相手のガリー・ケイヒルと衝突。頭蓋骨骨折の大怪我を負い、同年2月に現役引退を発表していた。そして今回、古巣のトッテナムに戻り、アカデミーコーチとして新しいキャリアを歩むことになった。

 また、英紙『サン』によると、メイソン氏は負傷後について「頭痛になると、その痛みは耐え難いものになった。顔の下あたりの神経が全て損傷したため、約10日間はスプーンで食事をしていた。頭を動かすたびに目眩がするし、負傷後最初の3ヶ月はとても最悪だったよ」と語り、当時を振り返った。

【了】

新着記事

↑top