バルサ安部裕葵、“昇格”への道は? 昨季はバルサBから8人がトップデビュー

2019年07月12日(Fri)16時40分配信

photo Getty Images for DAZN
Tags: , , ,

安部裕葵
安部裕葵【写真:Getty Images for DAZN】

 J1の鹿島アントラーズに所属する日本代表FW安部裕葵は、スペイン1部のバルセロナへ完全移籍することが合意に達した。12日に鹿島より発表が行われている。

 バルサ側からの発表は現時点でまだ行われておらず、安倍がどういった形でチームに加入するかは明らかにされていないが、まずはBチームでプレーをスタートさせることが見込まれる。レアル・マドリーに加入したMF久保建英と同様の形となる。

 セグンダB(3部相当)で戦うバルサBで活躍を見せることができれば、トップチームでプレーするチャンスも生まれてくる。だがもちろん、Bチームでプレーする全ての選手がトップチームへ昇格できるわけではなく、ある程度の“狭き門”ではある。

 2018/19シーズンには、バルサB所属選手のうち8人がトップチームの公式戦にデビューを飾った。ロシアワールドカップの日本代表戦でゴールを挙げたセネガル代表DFムサ・ワゲもその一人であり、トップチームでリーグ戦3試合に出場している。

 DFフアン・ミランダは公式戦4試合に出場。DFチュミとMFリキ・プッチはそれぞれ3試合に出場した。DFホルヘ・クエンカ、MFカルレス・ペレス、アレックス・コジャド、FWアベル・ルイスはそれぞれ1試合に出場してトップデビューを飾った。

 トップチームの公式戦に出場できたとしても、そこから正式に昇格し定着できるのはまた一部の選手のみとなる。安部はその厳しい挑戦を乗り越えていくことができるだろうか。

【了】

新着記事

↑top