バルサ公式発表も、グリーズマン移籍騒動は終わらず…。支払う違約金が不十分とアトレティコが声明

2019年07月13日(Sat)0時49分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

アントワーヌ・グリーズマン
アントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】

 アトレティコ・マドリーがFWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナ移籍決定に「待った」をかけた。アトレティコ・マドリーは12日、クラブの公式サイトで声明を発表している。

 バルセロナはこの日、グリーズマンの加入が決定したことをクラブの公式サイトで発表した。長く続いた騒動に突如終止符が打たれたかと思われたが、まだ混乱は終わらないようだ。

 グリーズマンとアトレティコ・マドリーの契約には、契約解除の違約金が設定されている。バルセロナが今回支払うのは1億2000万ユーロ(約150億円)。ただ、これは7月1日からの金額で、それまでは2億ユーロ(約243億円)に設定されていた。

 アトレティコ・マドリーは今回、バルセロナがグリーズマンの合意を取りつけたのは「2億ユーロから1億2000万ユーロに引き下げられる前であることは明白」と指摘。そのため、支払うべきは2億ユーロの違約金だと主張した。

 アトレティコ・マドリーは先日、バルセロナがグリーズマンと3月の時点で合意に達していたとして怒りの声明を出していた。

【了】

新着記事

↑top