ベネズエラ代表FWが再びベニテス監督のもとへ。ニューカッスルから大連一方に完全移籍

2019年07月19日(Fri)18時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

サロモン・ロンドン
サロモン・ロンドン【写真:Getty Images】

 中国・スーパーリーグの大連一方が19日、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)からベネズエラ代表FWサロモン・ロンドンの獲得をクラブの公式インスタグラムで発表した。

 2015年8月にロシア1部のゼニトからWBAに移籍したロンドン。昨季はニューカッスルへ期限付き移籍し、公式戦33試合に出場して12得点7アシストを記録していた。だが、レンタル移籍期間終了のためWBAに復帰していた。

 英紙『スカイスポーツ』によると、大連一方が1650万ポンド(22億2000万円)の契約解除金をWBAに支払うことで合意に達したという。そして、メディカルチェックを通過し、正式に大連一方加入が正式に発表された。

 大連一方では昨季までニューカッスルを指揮していたラファエル・ベニテス監督が新監督に就任。ロンドンは再びベニテス監督のもとでプレーすることになった。

【了】

新着記事

↑top