韓国大学教授、ラ・リーガに“旭日旗使用禁止”要請。スペイン紙の使用に抗議

2019年07月29日(Mon)20時07分配信

photo Marca
Tags: , , ,

マルカ
旭日旗デザインが用いられた記事【写真:『マルカ』より】

 韓国・誠信女子大学校(ソウル)のソ・ギョンドク教授は、スペインにおいて「旭日旗」のデザインが用いられるケースが相次いでいるとして、ラ・リーガに対して抗議のEメールを送付したことを明らかにした。韓国『聯合ニュース』が29日に伝えている。

 スペイン紙『マルカ』は27日付で、プレシーズンツアーでのバルセロナの日本訪問についての記事を電子版に掲載。その英語版の記事には、旭日旗のデザインを背景として、その前にバルサのエンブレムと選手たちの写真を配置した画像が用いられている。

 以前にもリーガのSNSアカウントで旭日旗デザインが用いられた例などがあったとしてソ・ギョンドク教授は抗議。「旭日旗が使われることが多く、毎回議論となるので、リーガ側に使用を禁止してもらうよう強く要請した」と述べている。

 ソ・ギョンドク教授は韓国で有名な反日活動家として知られ、世界中から旭日旗の使用を撲滅する運動を展開している。昨夏のロシアワールドカップで旭日旗による応援が行われたとして日本への処分を要求したほか、今年5月にもJリーグの公式ツイッターアカウントに旭日旗を用いた応援の写真が掲載されたとしてJリーグに抗議文書を送付したことを明らかにしていた。

【了】

新着記事

↑top