トッテナム、エリクセンを今夏売却か?指揮官「まだ何でも起こり得る」

2019年08月17日(Sat)13時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

クリスティアン・エリクセン
クリスティアン・エリクセン【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのトッテナムは今夏、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを売却することになりそうだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の16日に報じた。

 エリクセンに対しては、今夏の移籍市場でレアル・マドリーが獲得への関心を示していることが盛んに噂されていた。また、マンチェスター・ユナイテッドもレアルが獲得を目指しているフランス代表MFポール・ポグバの後釜として獲得するという噂が報じられていた。だが、プレミアリーグの移籍市場が閉まったため、今夏のプレミア移籍は無くなった。

 そんな中、トッテナムは20万ポンド(約2600万円)の新契約オファーを提示したが、エリクセンは交渉すら応じず、トッテナム退団が既定路線となっている。トッテナム指揮官マウリシオ・ポチェティーノはプレミアリーグ開幕戦のアストン・ビラ戦でエリクセンをベンチに置き、後半途中から起用した。

 インタビューに応じた指揮官はエリクセンについて「あなたたちの方が私より知っているだろう。まだ何でも起こり得る。何か起こるにしろ、起こらないにしろ、このことに関しては私に委ねられていない。まだ、我々は9月2日まで待たないといけない。大きい変化もしくは、多くの問題が起こらないことを祈るよ」と話したという。

 果たして、エリクセンはトッテナムを退団することになるのだろうか。プレミア以外の欧州5大リーグの移籍期限である9月2日までエリクセンの動向に目が離せない。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top