浅野拓磨が8位、鈴木隆行氏が2位。セルビアの意外な歴代移籍金ランキング

2019年08月20日(Tue)23時35分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

浅野拓磨、鈴木隆行
浅野拓磨、鈴木隆行氏【写真:Getty Images】

 セルビアの名門クラブであるパルチザン・ベオグラードがアーセナルからFW浅野拓磨を獲得するために支払った移籍金は、クラブ史上2位、リーグ全体でも歴代8位にランクインするという。セルビア『マックスベット・スポーツ』が伝えている。

 アーセナルからドイツへレンタルされて3シーズンを過ごしていた浅野は、夏の移籍市場でパルチザンへの完全移籍が決定。デビュー戦となったヨーロッパリーグ予選の試合でいきなり初ゴールを決めるなど順調なスタートを切っている。

 パルチザンがその浅野の移籍金としてアーセナルに支払ったとされる金額は100万ユーロ(約1億1800万円)。移籍金の高騰が著しい欧州サッカー界においては大きな金額だとは言えないが、セルビアにとっては“大型補強”となる。

 セルビアメディアが作成したランキングによれば、浅野の移籍金はクラブ史上2位であり、リーグ全体では8位。100万ユーロという金額について、「セルビアの状況では大金だが、ロンドンのクラブ(アーセナル)にとっては大海の一滴に過ぎない」と述べられている。

 そのランキングの2位には、14年前の2005年にレッドスターに加入した元日本代表FWの鈴木隆行氏がランクインしている。鹿島アントラーズから移籍した鈴木氏の移籍金は250万ユーロ(約2億9400万円)。だが日本のスポンサーが絡んでの獲得であるとして、「クラブがどれだけ支払ったかは疑問」だとされている。

 ランキング1位は、金額的には鈴木氏と同じ250万ユーロだが、レッドスターが昨年夏に中国の江蘇蘇寧から獲得したガーナ代表FWリッチモンド・ボアキエ。それまでの13年間にわたって、鈴木氏はセルビアの移籍金ランキング単独1位に君臨していたということになる。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top