香川真司、3試合連続のスタメンも2試合連続ゴールはならず…。サラゴサは終盤のPK弾で無敗を維持

2019年08月31日(Sat)6時00分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , ,

香川真司
香川真司【写真:Getty Images】

【サラゴサ 1-0 エルチェ セグンダディビジオン第3節】

 リーガ・エスパニョーラ・セグンダディビジオン第3節、サラゴサ対エルチェが現地時間30日に行われた。試合はMF香川真司が所属するホームのサラゴサが1-0で勝利した。

 香川はトップ下に入り、開幕から3試合連続のスタメン出場となった。序盤から積極的にボールに絡み、チームにリズムをもたらしていた。だが、2試合連続のゴールとはならなかった。

 前半は両者チャンスを生かすことができず、前半を0-0で折り返す。0-0で迎えた71分、香川はパプナシュヴィリとの交代を命じられた。後半は中々ボールに絡むことができず、チャンスを作り出すことができなかった。

 83分、サラゴサは左サイドからクロスを上げ、中央で混戦になる。最後はペナルティエリア右でスアレスが仕掛け、相手に倒される。一度は流されたが、主審がVARで確認すると、PKの判定が下された。これをスアレス自らが決め、サラゴサが終盤に均衡を破った。

 結局試合はこの1点で終わり、サラゴサが1-0で勝利を収めた。サラゴサはこれで開幕から3試合負けなしとなった。

【得点者】
87分 1-0 スアレス(サラゴサ)

【了】

新着記事

↑top