香川真司

香川真司

試合を決定づけた香川真司。「どんなにブサイクでも」。ドルトが示した“覚悟”

現地時間12日、ドイツ・ブンデスリーガ第16節が行われ、香川真司の所属するボルシア・ドルトムントはマインツ戦を相手に2-0で勝利。監督交代直後ということもあり何よりも結果が求められる試合で白星を得た。背番号23の日本人MFはセットプレーで1点目を演出し、自ら2点目を奪取。重要な一戦で、決定的な仕事を果たして見せた。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

香川真司

新監督就任で香川真司の立場は? 復活遂げたいドルト、“初陣”の最重要課題

9日のブンデスリーガ第15節、対ブレーメン戦を1-2と落としたボルシア・ドルトムントは試合後にペーター・ボス監督を解任した。後任はケルンを率いていたペーター・シュテーガー氏。ゼロからのスタートを切ることになるBVBは12日にさっそく初陣となる第16節マインツ戦を迎える。新指揮官の下、香川真司の立ち位置はどうなるだろうか。(文:本田千尋【ドイツ】)

20171210_kagawa2_getty

香川真司がボランチ…? 裏目に出た監督のオリジナリティ。決別はまもなく

ボルシア・ドルトムントは9日、ブレーメンに敗れた。ここ2戦の良い兆候には目もくれず“相続放棄”。香川真司のポジションも、周囲の予想とは違った。ついにボス体制が終わりを迎えるようだ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top