香川真司

0331Minamino_getty

南野拓実は何が違う? 小野伸二、中村俊輔、香川真司、中島翔哉…日本代表の左サイドは諸刃の剣で自由人【西部の目】

日本代表は30日、カタールワールドカップ・アジア2次予選の試合でモンゴル代表と対戦し、14-0のスコアで勝利を飾った。大迫勇也のハットトリックを筆頭に、南野拓実、鎌田大地、伊東純也と、前線の選手に揃ってゴールが生まれている。トップ下・鎌田、左サイド・南野という布陣は、日本代表の戦いに柔軟性をもたらしている。(文:西部謙司)

香川真司

香川真司、監督による「罰」なのか? 前半のみのスピード交代はなぜ。歴戦の23番がギリシャで求められるものは【分析コラム】

ギリシャ・スーパーリーグ第25節、PAOKテッサロニキ対アリス・テッサロニキが現地時間7日に行われ、2-2のドローに終わっている。日本代表MFの香川真司は、移籍後リーグ初先発を飾った。しかし、テッサロニキダービーでの出場時間はわずか45分間に留まっている。一体なぜ。(文:本田千尋)

香川真司

香川真司のプレーはどうなのか? のしかかる半年間のブランク…その中で得たわずかな収穫は【分析コラム】

ギリシャ・スーパーリーグ第24節、アステラス・トリポリス対PAOKテッサロニキが現地時間27日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。日本代表MFの香川真司はベンチスタートとなったが、63分から出番を得ている。しかし、違いを創ることはできなかった。その理由は。(文:本田千尋)

0222Kagawa_getty

香川真司らしさが戻ってきた。鮮やかなターンと絶妙なパス、短い出場時間で感じさせた初ゴールの可能性【分析コラム】

ギリシャ・スーパーリーグ第23節、PAOKテッサロニキ対PASラミアが現地時間21日に行われ、4-0でPAOKが勝利している。香川真司は移籍後公式戦5試合連続で後半から出場。加入前は長く実践から離れていたが、ギリシャで徐々に香川らしさを取り戻している。(文:本田千尋)

新着記事

↑top