香川真司

ドルトムントのMF香川真司

香川真司の指摘。ドルトが乗り越えるべき課題。ボス新体制の「スタイル」確立へ

10月17日、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のAPOEL戦(キプロス)に臨むボルシア・ドルトムント。同大会は開幕から2連敗スタートとなっており、勝利が必須ともいえる一戦だ。そのなかで香川真司はどのような役割を果たすことができるか。週末の試合を外から見守った日本代表MFは浮き彫りになったチームの課題を指摘していた。(取材・文:本田千尋)

香川真司

香川真司が見たわずかな隙。発展途上ドルト、初黒星で受けたレッスン

ボルシア・ドルトムントは14日、RBライプツィヒに敗れて今季ブンデスリーガ初黒星を喫した。完敗と言える内容。今後のいかせるかどうかでチームの未来は変わる。ベンチから試合を見守った香川真司には、きっかけをつくる場所が見えていた。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

香川真司

香川真司、先発は監督の直感次第? 磨きをかけたい「新ホットライン」

ボルシア・ドルトムントは14日、ホームにRBライプツィヒを迎える。新ウイングのヤルモレンコと良い関係を築き始めている香川真司。代表ウィーク明けだが、出番はあるだろうか。(取材・文:本田千尋)

日本代表MF香川真司。ハイチ戦では終了間際に同点ゴールを決めた

【識者の眼】香川真司がハリルJの中心になるために。発揮すべき「影響力」、試みるイメージの共有

10月10日、キリンチャレンジカップ2017で日本代表はハイチ代表と3-3で引き分けた。2-3と1点ビハインドの状況から同点ゴールを決めたのはMF香川真司。ロシアW杯アジア最終予選最終盤には出場機会が減っていたが、本大会で背番号10がハリルJの中心的役割を担うために必要なものとは。(取材・文:河治良幸)

杉本健勇

日本代表、48位のハイチにリード許すも…試合終了間際に香川が劇的同点弾

日本代表は10日、キリンチャレンジカップでハイチ代表と対戦した。

日本代表

ハイチ戦、意地のドローも3失点。守備で集中欠く【どこよりも早い採点】

10月10日、日本対ハイチの一戦が行われ3-3で引き分け。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

ニュージーランド戦ではトップ下で先発したMF香川真司

香川真司の消化不良感。発揮しきれない実力。日本の10番が攻撃の中心として輝くために

6日に行われた日本代表-ニュージーランド代表の一戦で、先発出場した香川真司。本田圭佑、岡崎慎司らが不在の状況で、トップ下に入った背番号10には大きな期待が集まった。だが、決定機もあったものの得点には絡めず。消化不良のままピッチを後にすることになった。(取材・文:元川悦子)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top