フットボールチャンネル

最高額は誰だ! 日本人サッカー選手、歴代移籍金ランキング1~10位。中田英寿を上回るのは?

シリーズ:日本人移籍金ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で、移籍金の高い歴代日本人選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した日本人の移籍金ランキングの最新版を紹介する。※価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠


10位:伊東純也(いとう・じゅんや)


【写真:Getty Images】

生年月日:1993年3月9日
移籍先:ヘンク→スタッド・ランス
移籍日:2022年7月29日
移籍金:1000万ユーロ(約14億円)


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 今や日本代表に欠かせない武器となった伊東純也は、2019年に移籍したベルギーのヘンクで存在価値を大きく高めた。2020/21シーズンにはリーグ戦で2桁得点&アシストを達成し、カップ戦では8シーズンぶりの優勝に貢献。昨季はリーグ戦で得点数こそ2桁に乗らなかったが、15ものアシストを積み上げていた。

 そうした活躍が高く評価され、伊東は昨夏フランスのスタッド・ランスに移籍した。新天地では加入直後からレギュラーの座を確保すると、ここまでリーグ・アン33試合で6得点5アシストをマーク。第9節のトロワ戦では一発退場となってしまったが、2022年10月にウィリアム・スティルが監督に就任すると以降はリーグ戦全試合にスタメン出場し、クラブ記録となるリーグ戦19試合無敗に貢献している。

 スタッド・ランスが伊東獲得に費やした移籍金は1000万ユーロ(約14億円)となっている。これは昨季途中にFCミッティランからやって来たスウェーデン代表MFイェンス・カユステに並び、スタッド・ランス史上最高額となった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top