プレミアリーグ、世界注目の若き主力5人。最強リーグでスタメンの座を争う若者たち【編集部フォーカス】

2019年09月03日(Tue)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by プレミアパブ編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)

メイソン・グリーンウッド
マンチェスター・ユナイテッドに所属するFWメイソン・グリーンウッド【写真:Getty Images】

メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド/U-21イングランド代表)
生年月日:2001年8月1日(17歳)
ポジション:FW
今季リーグ戦成績:4試合出場/0得点1アシスト

 最後に紹介するメイソン・グリーンウッドは、これまでの4人に比べるとまだレギュラーとしての出場は遠いかもしれないが、才能でいうと負けず劣らず。将来のユナイテッドのエース候補だ。

 昨季のC Lベスト16のPSG戦セカンドレグでプロデビューした新星で、6歳からユナイテッドのアカデミーに通った生え抜きだ。今夏のプレシーズンではリーズ戦でトップチーム初ゴールを挙げると、インテル戦でも正確なシュートを沈め決勝点を記録した。クラブレジェンドのスールシャール監督も「彼はきっと素晴らしい選手になるよ」とその才能を賞賛している。

 武器は圧倒的な得点センスで、自身でボールをボックス内に持ち込むと、左右両足で正確かつ強烈なキックを蹴れるだけでなく、ニア上を狙うなど意表をつくアイディアも持ち合わせる。クロスへ飛び込む嗅覚も抜群で得点パターンは多彩だ。

まだ17歳という年齢もあり線は細いが、プレミアの当たりやスピード感にある程度慣れることさえできれば、ユナイテッドでもスタメンで出場する機会は得られるはずだ。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top