マンU史上初! 2000年代生まれの選手がゴール。クラブのEL最年少得点記録も樹立

2019年09月20日(Fri)9時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

メイソン・グリーンウッド
メイソン・グリーンウッド【写真:Getty Images】

【マンU 1-0 FCアスタナ ELグループL組第1節】
 
 ヨーロッパリーグ(EL)グループL組第1節、マンチェスター・ユナイテッド対FCアスタナの試合が現地時間19日に行われ、ユナイテッドが1-0の勝利をおさめている。

 この試合で、ユナイテッドは19歳のタヒス・チョンや17歳のメイソン・グリーンウッド、19歳のアンヘル・ゴメスなど、多数の若手選手を先発起用。試合開始して73分、ペナルティーエリア内に侵入したグリーンウッドがフェイントで相手を交わし、GKネナド・エリックの股の間を通すシュートを放って先制点を決めた。

 サッカーのデータ分析を手がける『Opta』によると、2000年代に生まれたユナイテッドの選手がゴールを決めたのはクラブ史上初の出来事だという。グリーンウッドは2001年10月生まれの選手で、今回がプロ初ゴールになった。

【了】

新着記事

↑top