レアル、マルセロに続いてメンディも離脱でSB危機。2~3週間離脱か

2019年09月24日(Tue)21時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

フェルラン・メンディ
レアル・マドリーのフェルラン・メンディ【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーは24日、同クラブ所属のフランス代表DFフェルラン・メンディが左足内転筋の損傷と診断されたことを発表した。

 クラブはメンディの離脱期間について明確な見通しは示さず、今後の経過次第だとしている。スペイン紙『アス』は同選手が2週間から3週間の離脱を余儀なくされると予想を記している。

 リヨンから今季マドリーに加入したメンディは、これまでリーグ戦2試合とチャンピオンズリーグ1試合に出場。DFマルセロの不在もあり、先週のパリ・サンジェルマン戦、セビージャ戦と連続出場していた。

 今週は現地時間25日にオサスナ戦、28日にアトレティコ・マドリー戦が行われるが、この2試合にマルセロが復帰することも難しいと『マルカ』紙は予想。DFナチョが代役として起用されるとの予想に加え、Bチームから20歳のDFフラン・ガルシアもトップチームの練習に呼ばれたと伝えている。

【了】

新着記事

↑top