チェルシーの補強禁止処分軽減は実現するか? 11月20日にCASが審議

2019年11月05日(Tue)9時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

チェルシー
チェルシー【写真:Getty Images】

 チェルシーの補強禁止処分に関する審議が現地時間11月20日に行われるようだ。4日に英紙『サン』が報じている。

 国際サッカー連盟(FIFA)は今年2月、チェルシーが18歳未満の選手の国際移籍に関する規定に違反したとして、同クラブに補強禁止処分を言い渡した。今夏の移籍市場と来年1月の移籍市場に適用され、チェルシーが次に新たな選手を獲得できるのは来年夏となる予定だ。

 ただ、不正がなかったことを主張するチェルシーはこの処分を不服とし、FIFAに対して異議申し立てを提出。それが今年5月に棄却されたため、チェルシーはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴している。

 同紙によると、この問題について現地時間11月20日に審議されるという。チェルシーの訴えがCASに認められれば、来年1月の移籍禁止処分が撤回され、チーム強化をすることが可能になる。果たして、補強禁止処分の軽減は実現するのだろうか。

【了】

新着記事

↑top