久保建英、マジョルカ史上2番目の若さで初得点。スペイン紙「クラブの歴史を築いた」

2019年11月12日(Tue)9時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

久保建英
久保建英【写真:Getty Images】

【マジョルカ 3-1 ビジャレアル リーガエスパニョーラ第13節】

 リーガエスパニョーラ第13節、マジョルカ対ビジャレアルの試合が現地時間10日に行われた。マジョルカが3-1の勝利をおさめている。この試合で、マジョルカに所属する18歳の久保建英がクラブ史上2番目の若さで初ゴールを決めた選手になった。

 2試合連続のスタメン入りを果たした久保。試合開始して10分、ビジャレアルのビルドアップに対してマジョルカがプレッシャーをかける。すると、GKアセンホのパスがずれてしまい左CKに。このCKを久保が蹴り、ニアへのボールは弾き返されえるが、久保が拾い左サイド深い位置から中央にカットイン。すると、久保がイボーラに倒され、マジョルカがPKを獲得。これをラゴ・ジュニオールが決め、マジョルカが先制に成功した。

 さらに21分、久保とのワンツーパスで抜け出したダニ・ロドリゲスがドリブルでペナルティエリア右に侵入。中央にいたフェバスにラストパスを送ると、アセンホに倒されPKを獲得。このPKをロドリゲスが決め、マジョルカがリードを2点に広げる。

 その後失点し、2-1で迎えた53分、ペナルティエリア手前の左でマジョルカがボールをキープすると、中央に入ってきた久保がワントラップから左足を振り抜きゴールを決めた。久保にとっては待望のスペイン初ゴールとなっている。久保が3得点に絡む活躍を見せ、マジョルカの3-1勝利に貢献した。

 スペインメディア『besoccer』によると、久保は18歳159日というマジョルカ史上2番目の若さで初ゴールを決めた選手になったとのこと。なお、クラブ史上最年少ゴールは1992年に17歳193日でゴールを決めたペペ・ガルベス氏が保持している。

【了】

新着記事

↑top