劇的決着…フラメンゴが南米王者に。ジーコ時代以来38年ぶりの優勝でクラブワールドカップへ

2019年11月24日(Sun)7時28分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

フラメンゴ
フラメンゴファンは歓喜【写真:Getty Images】

【フラメンゴ 2-1 リーベル・プレート コパリベルタドーレス決勝】

 コパリベルタドーレス決勝のフラメンゴ対リーベル・プレートが現地時間23日に行われた。試合は2-1でフラメンゴが勝利を収め、クラブワールドカップ行きを決めている。

 アルゼンチンのリーベル・プレートは優勝した去年に続いてのファイナルで、5度目の優勝を目指す。対するブラジルのフラメンゴは、ジーコ氏を擁した1981年以来2度目の決勝。38年ぶり2度目の優勝を狙う立場だ。

 試合は開始14分、リーベル・プレートがボレのゴールで先制。その後、1点差のまま時間が経過していった。

 それでも、リーベル・プレートの連覇が近づいてきた終盤にドラマが待っていた。

 89分、フラメンゴはデ・アラスカエタの折り返しにガビゴルが飛び込んで土壇場で同点に追いつく。すると、アディショナルタイムには逆転弾。ガビゴルの左足のシュートがゴールネットに突き刺さり、フラメンゴが劇的に逆転勝利を収めた。

 土壇場の逆転劇で38年ぶりに南米王者となったフラメンゴは、12月に行われるクラブワールドカップ出場が決まっている。

【得点者】
14分 0-1 ボレ(リーベル・プレート)
89分 1-1 ガビゴル(フラメンゴ)
90+2分 2-1 ガビゴル(フラメンゴ)

【了】

新着記事

↑top