イブラヒモビッチ、“英雄”から一転…裏切り者扱いに? 古巣クラブのズラタン像に火

2019年11月28日(Thu)9時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ズラタン・イブラヒモビッチ
ズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

 38歳の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがハンマルビーIFの共同オーナーになったことで、ズラタン像が燃やされる事件が起きたようだ。27日に英紙『サン』が報じている。

 ロサンゼルス・ギャラクシーの運営会社であるアンシュッツ・エンターテイメント・グループが保有している株式のうち22.5%をイブラヒモビッチに譲渡し、イブラヒモビッチがハンマルビーの共同オーナーになったという報道が流れ、スウェーデン1部のハンマルビーIFも公式サイトで発表していた。

 これに怒りの感情を爆発させたのがマルメFFのファン。マルメは1999年から2001年までイブラヒモビッチが在籍していたクラブでもあり、ハンマルビーIFのライバルクラブでもある。マルメにとってイブラヒモビッチは“英雄”のような存在であるだけに、敬意を表してズラタン像も建てられていた。だが、そのズラタン像に火が放たれたと同紙は伝えている。

【了】

新着記事

↑top